合格者の声

シニアPB合格者の声

2022年

家徳 裕介 さん

株式会社 SMBC信託銀行(合格時)

『10年以上富裕層に対する提案業務に携わってきましたが、金融商品だけでは限界があると感じたことが最初のきっかけです。』
 

詳細はこちら

松崎 和幸 さん

株式会社第四北越銀行 (合格時)

『私は、お客様が事業承継を検討する際、代表者とその家族・従業員にとって何が最良か、「法人と個人を一体として捉え統一感をもった提案をしたい」と考えていました。』

詳細はこちら

苅谷 達朗 さん

株式会社WealthLead(合格時)

『勤務している会社(投資助言会社)の代表(シニアPB資格保有者)から「シニアPBの試験を受けた方が良いよ」と言われたのがきっかけです。』

詳細はこちら

相澤 光 さん

株式会社青山財産ネットワークス(合格時)

『「知見のある採点委員の方に評価して頂けるので腕試しとして受験してみたら」とアドバイスを頂いたのがきっかけです。結果として採点員の方から様々な視点で評価を頂けたことは気づきや自信となりました。』

詳細はこちら

松山 綾乃 さん

株式会社みずほ銀行(合格時)

『FPや証券アナリストなどと比べると、富裕層営業の実務に即した勉強範囲と試験内容だと思い、普段の自身の提案内容がどれくらい通用するかを確認したいという思いもあり受験しました。』

詳細はこちら

本間 和明 さん

株式会社横浜銀行(合格時)

『「投資政策書」のような提案書を見識のある方々に採点していただける機会、試験はなかなか無いため、自身の提案書の改善点をご指摘いただく機会として受験いたしました。』

詳細はこちら

村上 一平 さん

藍澤證券株式会社(合格時)

『アナリスト協会がPB資格を行っていることを知り、更なる知識の向上を目的に受験いたしました。』
 

詳細はこちら

中村 竜哉 さん

拓殖大学商学部教授・商学部長(合格時)

『大学以外に金融機関等での実務の経験がないので、代わりに担当科目に関連する資格取得にチャレンジしています。』
 

詳細はこちら

箱守 英史 さん

箱守法律事務所 弁護士(合格時)

『実践的なブラッシュアップが必要と考えていたところ、シニアPB資格の存在を知りました。投資政策書の作成は実践力の研鑽のために有益と思い、受験を決めました。』

詳細はこちら

黒田 洋一 さん

株式会社百十四銀行(合格時)

『中小企業を中心に事業承継ニーズが高まる中、お客さまに寄り添う事の重要性を学べる正にピッタリの資格であると考え受験することにしました。』

詳細はこちら

清水 淳平 さん

株式会社三井住友銀行(合格時)

『お客さまの良き伴走者として国内最高水準の対応ができるように、実務経験と自己研鑽を積んでいますが、専門スキルについて第三者のチェックを頂くため受験しようと思いました。』

詳細はこちら

堀端 俊右 さん

株式会社三菱UFJ銀行(合格時)

『当時の先輩同僚がシニアPBを保有しており、話を聞くうちに自分も取得し業務に役立てたいと思ったことが契機となりました。』
 

詳細はこちら

飯田 文萌 さん

三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社(合格時)

『投資政策書を知見のある採点委員の方々に評価していただけるため、自身のスキルチェックのみならず新たな視点からの気付きを得られる機会にもなると考え受験を決めました。』

詳細はこちら

加藤 伸二 さん

三井住友DSアセットマネジメント株式会社(合格時)

『証券アナリストジャーナルのPB資格紹介を目にし、私の思いをサポートしてくれる学習内容であると考え、受験を思い立ちました。』
 

詳細はこちら

大谷 光男 さん

メットライフ生命保険株式会社(合格時)

『資格を保有している方から話を聞く機会があり、自身でも資格について調べたところ、まさに自分が求めていた内容であったため、すぐに受験を決意しました。』

詳細はこちら

高柳 範久 さん

株式会社三井住友銀行(合格時)

『富裕層への資産対策に必要な知識全般を体系的に学べる資格と聞き、資格取得を目指しました。資格の名前も格好良かったです。』

詳細はこちら

プライマリーPB合格者の声

2022年

片山 恵理 さん

京都中央信用金庫(合格時)

『私はコンシェルジュとして、おもてなしを基本として個人のお客さまや中小企業のオーナー様から資産運用や事業承継などの相談をお伺いし、そのお悩みを解決するための提案を行う業務を担当しています。』

詳細はこちら

梅原 裕太 さん

三井住友信託銀行株式会社(合格時)

『よりPB顧客へのコンサル力を高めたいと考えていたところ、この資格の存在を知りました。その後会社の推奨資格にもなった為、受験を決意しました。』

詳細はこちら

坂口 磨哉 さん

京都大学医学部医学科(合格時)

『将来、金融に携わるかどうかに関わらず、税制や相続・事業継承などについて理解を深められることは非常に有益であると感じました。』
 

詳細はこちら

渡邉 樹 さん

SMBC日興証券株式会社(合格時)

『「富裕層のニーズを把握すること」が当社のお客様本位の経営理念を果たすために必要だと感じました。その思いにマッチした資格を探していたところ当資格の存在を知りました。』

詳細はこちら

安齊 友希 さん

株式会社三菱UFJ銀行(合格時)

『事業承継を含めた総合的なウェルスマネジメント業務を担う部署に配属となりました。それをきっかけに、「承継に関する知識」を体系的に学べる資格を探したのが始まりです。』

詳細はこちら

濁川 雄一郎 さん

生命保険会社 勤務(合格時)

『PBとしての自覚を誇に、シニアPBや証券アナリストの取得など、さらなる自己研鑽を続けてまいります。』
 

詳細はこちら

平田 良孝 さん

株式会社SMBC信託銀行(合格時)

『重要な職務を担うにあたり、クライアントから信頼していただける知識を習得する必要性を実感し、受験を決意しました。』

詳細はこちら

木村 俊哉 さん

東海東京証券株式会社(合格時)

『お客様のご要望にお応えできるようになるためにはPB資格が必要であると考え、受験を決意しました。』
 

詳細はこちら

米沢 航輝 さん

岡三証券株式会社(合格時)

『入社後の研修や業務に備え、金融業への理解を深めていく必要があると感じているおりに、人事部の方から推奨されたこともあり受験を決めました。』

詳細はこちら

岩邊 泰典 さん

株式会社ステラ・インフィニティ 代表取締役(合格時)

『自社のブランド力の強化とお客様のファミリーミッションステートメントに合った提案書を策定するにはPB資格が必須であると考え、資格取得を決意しました。』

詳細はこちら

PBコーディネーター合格者の声

2020年

大坪 圭介 さん

株式会社三菱UFJ銀行(合格時)

『キャッシュフロー分析を起点としたソリューション提供に限界を感じ、プライベートバンキングというものを改めて体系的に学習しようと考えたことがきっかけです。』

詳細はこちら

柳原 直貴 さん

株式会社池田泉州銀行(合格時)

『お客様から様々なご相談を頂く中、自身の知識をより一層深めなければならないと考え、まずは基礎的な部分の習得を目指し、PBコーディネーターの試験を受験しました。』

詳細はこちら

内田 裕之 さん

出版社勤務(合格時)

『興味が沸き、調べるうちに資産運用や資産管理にも役立つと実感し、プライベートバンカー資格にチャレンジしたいと考えていました。』

詳細はこちら

Get ADOBE READER

※PDFファイルをご利用いただくには、Adobe社 Acrobat Reader(無償)が必要です。最新のバージョンをお持ちでない方は左のバナーをクリックしてダウンロード後、インストールを行ってください。

CMA資格
プライベートバンカー資格
専門性を高める
金融・資本市場への情報発信
協会について

公益社団法人日本証券アナリスト協会は「ASIF(アジア証券・投資アナリスト連合会)」「ACIIA(国際公認投資アナリスト協会)」のメンバーです。
「CMA」「日本証券アナリスト協会認定アナリスト」「Certified Member Analyst of the Securities Analysts Association of Japan」は、公益社団法人日本証券アナリスト協会の登録商標です。

ページ先頭へ戻る

© 2015 The Securities Analysts Association of Japan.
当ウェブサイト内の文章・画像等の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。