金融機関・企業の人事・研修担当の方

人材の育成に役立つ『CMA教育プログラム』

当協会は、創設以来50年余にわたり、CMAをはじめとした金融・資本市場のプロを育成することと、それを通じて日本経済の発展に寄与することを目的に事業活動を行っています。その事業の中核である「CMA教育プログラム」の活用を、御社における人材の育成・強化にお勧めします。

多岐にわたるCMAの活躍分野

当協会が育成するCMAの活動分野は、銀行・証券業界のみならず、一般事業会社など幅広い業種に拡大しており、金融・資本市場のプロとして、資産運用、調査、財務、IR、IT、営業など多様な分野で活躍しています。

CMAは、ファイナンスはもちろんのこと、マクロ経済学や財務会計まで幅広く、かつ高度な知識を有しており、変化する時代の経営判断に欠かせない人材といえます。

証券アナリスト教育プログラム

CMAの資格は「証券アナリスト通信教育講座」の第1次・第2次レベルを受講して試験に合格し、かつ証券分析の実務経験が3年以上と認定された方が取得できます。

資格・教育体系

  • 証券アナリスト通信教育講座
    CMAに必要な基本知識を体系的に習得できる講座が、「証券アナリスト通信教育講座」です。第1次レベル講座の受講と試験(3科目)合格後、第2次レベル講座を受講し試験に合格し、CMAとして認定されます(3年以上の実務経験が必要です)。また、3年以上の実務経験のない方には、検定会員補制度もあります。なお、通信教育講座を補完する各種のスクーリングも用意しています。

証券アナリスト第1次レベル講座

証券アナリスト第2次レベル講座

  • 証券アナリスト基礎講座
    初歩・入門者向けとして、営業部門や管理部門等で日常業務に役立つ証券分析の基礎を学びたい方等を対象に、「証券アナリスト基礎講座」を開設しています。一般事業会社の社員、大学生など幅広い層に受講していただいており、基礎講座修了を社内資格の要件や社員のスキルアップに積極的に活用されている大手金融機関もあります(大口割引制度も用意しています)。

証券アナリスト基礎講座

  • 国際公認投資アナリスト
    CMAから国際公認投資アナリスト(CIIA)へのステップアップも図れます。

国際公認投資アナリスト(CIIA)

受験関連データや合格者・資格取得者の声

受験データ

受験者数、合格者数、合格率、業態別構成などの受験関連データがご覧いただけます。

証券アナリスト第1次試験 受験関連データ

証券アナリスト第2次試験 受験関連データ

合格者・資格取得者の声

第1次試験、第2次試験の合格者やCMA資格取得者の声がご覧いただけます。

証券アナリスト第1次試験 合格者の声

証券アナリスト第2次試験 合格者の声

CMA資格取得者の声

Get ADOBE READER

※PDFファイルをご利用いただくには、Adobe社 Acrobat Reader(無償)が必要です。最新のバージョンをお持ちでない方は左のバナーをクリックしてダウンロード後、インストールを行ってください。

CMA資格
プライベートバンカー資格
専門性を高める
金融・資本市場への情報発信
協会について

公益社団法人日本証券アナリスト協会は「ASIF(アジア証券・投資アナリスト連合会)」「ACIIA(国際公認投資アナリスト協会)」のメンバーです。
「CMA」「日本証券アナリスト協会認定アナリスト」「Certified Member Analyst of the Securities Analysts Association of Japan」は、公益社団法人日本証券アナリスト協会の登録商標です。

ページ先頭へ戻る

© 2015 The Securities Analysts Association of Japan.
当ウェブサイト内の文章・画像等の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。