試験データ

最近5年間の受験者数・合格者数・合格率等

最近5年間の受験者数・合格者数・合格率最近5年間の受験者数・合格者数・合格率

合格率

 
2021年 51.8%  
2020年 中止 55.0%
2019年 47.3% 52.6%
2018年 51.3% 51.2%
2017年 48.2% 51.6%

直近の試験の結果について

2021年6月11日

2021年証券アナリスト第1次春試験の結果について

公益社団法人 日本証券アナリスト協会

  1. 1.日本証券アナリスト協会は、本年4月25日に国内のみで実施した証券アナリスト第1次春試験の科目別合格者を、下表のとおり決定した。受験者数は3科目延べ10,550名、合格者数は5,467名、合格率は51.8%であった。
  2. 2.今回の試験の特徴は以下の通り。
    1. (1)東京会場や大阪会場など主要な試験会場では、新型コロナウイルス感染症拡大による緊急事態宣言下での試験実施となったが、3科目合計の延べ受験者数(10,550名)は、新型コロナウイルス感染症の影響により、年1回の試験となった2020年の第1次秋試験(10,772名)に次ぐ受験者数となった。なお、2007年以降の現行プログラムにおける第1次春試験の延べ受験者数では、最多受験者数となった。
    2. (2)科目別の合格率は、「証券分析とポートフォリオ・マネジメント」が48.2%、「財務分析」が55.0%、「経済」が51.5%と、すべての科目で2020年秋試験を下回った。
    3. (3)合格者を業態別に見ると、証券会社、銀行、生命保険の順となっており、2020年秋試験と同様、証券会社の構成比が2019年までの試験と比べて高い水準となった。なお、大学生の構成比は2020年秋試験比で上昇したが、女性の構成比は同試験比で低下した。

科目別受験者数、合格者数、合格率

証券分析とポートフォリオ・マネジメント
受験者 合格者 合格率
2021年 3,025名 1,459名 48.2%
2020年 3,151名 1,753名 55.6%
中止
2019年 1,948名 1,067名 54.8%
2,233名 1,065名 47.7%
財務分析
受験者 合格者 合格率
2021年 3,777名 2,079名 55.0%
2020年 3,822名 2,164名 56.6%
中止
2019年 1,891名 978名 51.7%
3,099名 1,459名 47.1%
経済
受験者 合格者 合格率
2021年 3,748名 1,929名 51.5%
2020年 3,799名 2,004名 52.8%
中止
2019年 1,809名 926名 51.2%
2,937名 1,385名 47.2%

2021年第1次春試験合格者の業態別構成(3科目延べ)

合格者の業態別構成合格者の業態別構成

【参考】2021年第1次春試験:3科目の延べ合格者数上位10社

1 野村證券 662名
2 みずほ銀行 261名
3 SMBC日興証券 253名
4 大和証券 244名
5 三菱UFJ銀行 200名
6 三井住友銀行 188名
7 三菱UFJ信託銀行 150名
8 三菱UFJモルガン・スタンレー証券 115名
9 みずほ証券 104名
10 日本生命保険 98名

【参考】第1次試験(3科目の延べ合格者数)結果:上位10社(2013年〜)PDF (82KB)

Get ADOBE READER

※PDFファイルをご利用いただくには、Adobe社 Acrobat Reader(無償)が必要です。最新のバージョンをお持ちでない方は左のバナーをクリックしてダウンロード後、インストールを行ってください。

CMA資格
プライベートバンカー資格
専門性を高める
金融・資本市場への情報発信
協会について

公益社団法人日本証券アナリスト協会は「ASIF(アジア証券・投資アナリスト連合会)」「ACIIA(国際公認投資アナリスト協会)」のメンバーです。
「CMA」「日本証券アナリスト協会認定アナリスト」「Certified Member Analyst of the Securities Analysts Association of Japan」は、公益社団法人日本証券アナリスト協会の登録商標です。

ページ先頭へ戻る

© 2015 The Securities Analysts Association of Japan.
当ウェブサイト内の文章・画像等の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。