資格・教育体系

資格体系

CMA(日本証券アナリスト協会認定アナリスト)の資格は、CMAプログラム(証券アナリスト通信教育講座第1次・第2次レベルの通信教育と試験で構成)を受講・受験し、第2次試験に合格し、かつ証券分析の実務経験が3年以上と認定された方が取得できます。

CMAプログラムの第2次試験に合格し、実務経験が3年に未達の方は、日本証券アナリスト協会検定会員補(Candidate for Certificate-holder Member of the Securities Analysts Association of Japan )に登録し、この称号を使用するとともに、CMA並みのサービスを受けることができます。

また、第1次試験の3科目すべてに合格された方も、職業倫理について所定の講習を修了することにより、検定会員補に登録できます。

(注)検定会員補登録者がCMA資格を取得するためには、第2次レベル試験の合格が必要です。

証券アナリストの教育体系証券アナリストの教育体系証券アナリストの教育体系

教育体系

CMAプログラム

CMAプログラムでは証券分析業務に必要な専門的知識と分析技術の習得を目的として、通信教育講座による体系的な学習を行い、検定試験を受験します。講座を受講せずに試験を受けることはできません。

CMAプログラムの講座および試験は、第1次レベルと第2次レベルとに分かれています。

  1. 第1次レベル講座は、証券分析業務に必要な基礎的な知識および分析力の習得を目的とするもので、「証券分析とポートフォリオ・マネジメント」、「財務分析」および「経済」の3つの科目に分けて実施され、試験の合否も科目別に判定されます。第1次試験の3科目に合格すると、第2次レベルに進むことができます。

    証券アナリスト第1次レベル講座

  2. 第2次レベル講座は、証券分析業務に必要なより高度の知識および実務的応用力の習得を目的とするもので、上記3科目の内容を深めた「証券分析とポートフォリオ・マネジメント」、「コーポレート・ファイナンスと企業分析」、「市場と経済の分析」に、「職業倫理・行為基準」を加えた4科目からなり、試験の合否は4科目の総合問題形式で出題され、合否判定されます。

    証券アナリスト第2次レベル講座

  3. 第2次試験に合格し、かつ入会承認基準により証券分析の実務経験を3年以上有すると認定された方は、日本証券アナリスト協会の検定会員として入会の資格が付与されます。

  4. 検定会員として入会される方は、「日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)」の資格称号を使用することができます。

    実務経験の例

検定会員補

実務経験3年未満の第2次レベル試験合格者は、検定会員補に登録できます。大学・大学院在学中に第2次試験に合格した学生は、満25歳になるまでの登録料と登録継続費が免除されます。また、第1次試験の3科目すべてに合格された方も、職業倫理について所定の講習を修了することにより、 検定会員補に登録できます。

検定会員補

スクーリング

証券アナリストにとって不可欠な数学や理論の基本知識を習得し、通信教育講座の理解を助けるため、各種スクーリングの開催や動画の提供を行っています。

証券分析のための数学入門講座

本講座は、CMAプログラム受講者や会員を対象として、ファイナンスにおける数量分析の最も基本的な事項についての理解を深める趣旨から開設された短期集中講座(スクーリング)です。土曜日2日間の合計10時間で、年2回開催しています。数学の知識に不安のある参加者向けには、「証券分析のための数学入門講座(予備編)」の動画を販売しています。

ポートフォリオ理論初級講座

本講座は、証券アナリストにとって不可欠な、投資実務に応用されている「現代ポートフォリオ理論」を平易に解説する短期集中講座(スクーリング)です。土曜日2日間の合計10時間で年2回開催しています。CMAプログラム受講者が主な対象者ですが、知識の再整理、再学習をお考えの会員の方々にも広くお薦めできる内容です。

デリバティブ初級講座

本講座は、CMAプログラム第1次レベルの「デリバティブ分析」を中心に取り上げ、デリバティブの基本である「リスクニュートラル・プライシング」などに関しても理解を深めることを目的とした短期集中講座(スクーリング)です。土曜日2日間の合計10時間で、年2回開催しています。CMAプログラム受講者でデリバティブが苦手な方、知識の再整理、再学習をお考えの会員の方々にも広くお薦めできる内容です。

スクーリング  スクーリング動画

国際公認投資アナリスト(CIIA)試験

国際公認投資アナリスト(CIIA)は、ACIIA(アジア、ヨーロッパ、中南米などの証券アナリスト協会と2連合会から構成される非営利法人:事務局フランクフルト)によって運営されており、各国の資本市場の多様性を尊重しつつ、国際的に通用する投資アナリストの育成を目的とする高水準の試験です。日本では、当協会のCMAのみが受験できます。

国際公認投資アナリスト

証券アナリスト基礎講座

本講座は、金融機関のみならず事業会社を含め金融実務に携わる社会人から、証券投資・分析に関心を持つ大学生や個人投資家まで、職業や男女を問わず幅広い層を対象に、証券投資・分析の基礎知識や考え方を効率的に学ぶ機会を提供する通信教育講座です。
本講座は、CMAプログラムを受講するうえでの前提ではありませんが、CMAプログラム第1次レベル講座の入門編と位置付けられており、第1次レベル「証券分析とポートフォリオ・マネジメント」の基礎となる重要な部分をカバーしています。

証券アナリスト基礎講座

プライベートバンキング(PB)教育プログラム

本プログラムは、富裕層やマス富裕層のニーズに応える富裕層ビジネスに必要な知識やスキルを集約・体系化した、本邦初のプライベートバンカー養成プログラムです。資格試験および継続教育制度の2本立てで構成されています。
CMAプログラム第1次試験3科目合格者、CMAには上級資格の受験資格が与えられており、また、証券アナリスト基礎講座修了者、 CMAプログラム第1次試験3科目合格者、CMAには、資格ランクによって試験科目の一部免除があります。

プライベートバンカー資格

証券アナリストの教育体系2証券アナリストの教育体系2
Get ADOBE READER

※PDFファイルをご利用いただくには、Adobe社 Acrobat Reader(無償)が必要です。最新のバージョンをお持ちでない方は左のバナーをクリックしてダウンロード後、インストールを行ってください。

CMA資格
プライベートバンカー資格
専門性を高める
金融・資本市場への情報発信
協会について

公益社団法人日本証券アナリスト協会は「ASIF(アジア証券・投資アナリスト連合会)」「ACIIA(国際公認投資アナリスト協会)」のメンバーです。
「CMA」「日本証券アナリスト協会認定アナリスト」「Certified Member Analyst of the Securities Analysts Association of Japan」は、公益社団法人日本証券アナリスト協会の登録商標です。

ページ先頭へ戻る

© 2015 The Securities Analysts Association of Japan.
当ウェブサイト内の文章・画像等の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。