試験に備える・申込む

1. 当日必ず持参するもの

  • 受験票
  • 顔写真付公的証明書(以下のいずれかを持参)
    • 運転免許証
    • パスポート
    • 住民基本台帳カード(顔写真付に限定)
    • 個人番号(マイナンバー)カード(通知カードは不可)
    • 学生証
    • 政府機関発行証明書類(在留カード、特別永住者証明書、障害者手帳(各種))
      ※上記の顔写真付公的証明書を持っていない場合は、社員証、健康保険証、銀行カード等本人証明に役立つ資料(2種類以上)を持参し、試験開始前に試験本部に立ち寄って本人確認を受ける必要がありますので、早めにご来場ください。
      ※顔写真付の社員証は、公的証明書ではないため本部確認が必要です。
      ※海外会場の場合は、パスポート、運転免許証に限ります。
  • 筆記用具:濃度HBまたはBの黒鉛筆かシャープペンシル(替え芯)(ボールペン、砂消し消しゴムは使用不可)、プラスティック消しゴム
    ※鉛筆削りはありません。ボールペンは採点されません。
    ※筆記用具等の貸出しは一切していません。

  • 計算用電卓
    ※以下に該当する電卓は使用禁止です。
    • 文章や公式を記憶させておき試験中に表示できるもの
    • 通信機能があるもの
    • 騒音を発するもの

    ※ 電卓の貸出しは一切していません。
    ※ 試験中に使用できる電卓は2台までです。

  • 時計
    ※スマートフォン、携帯電話、スマートウォッチなどの多機能腕時計は使用できません。
  • 試験中の注意事項
    ※上記に記載のものと蓋付き飲料以外は、机上および机の中、椅子の上に置かずに、すべてカバン等の中にしまい足元に置いてください。
    ※衣服のポケット等にも入れないでください。
    ※カバン等はすべての持参品を収納することができ、口が閉まるもの、床の上に置いてよいものを使用してください。
    (試験中、机上に置いてあるものについて、お尋ねする場合があります。また、監督者の指示に従わない場合は、不正受験とみなされることがあります。)

2.試験時間

  • 試験開始時間の10分前までに直接、試験会場の指定室に入室してください。遅刻者には受験をお断りするなど厳格に対応します。
  • 入室は、原則として試験開始時刻の30分前を予定しています。待機室はありません。
  • 「証券分析とPM」を受験後に「財務分析」を受験しないで「経済」を受験する場合は、「証券分析とPM」の試験終了後に荷物を持って一旦退室してください。荷物を置いて席を確保する行為は認めません。

3.禁止事項

  • 試験時間中は、スマートフォン、携帯電話、通信機能付の携帯情報端末は、いかなる事情があっても使用禁止です。
  • 蓋がない、または蓋があってもしまらないコーヒーカップ等、倒れたらこぼれる容器に入っている飲料は持込禁止です。
  • 問題用紙、答案用紙、計算用紙は持ち帰り禁止です。
  • 不正行為※が認められた場合は、退場していただきます(受験資格を剥奪するなど厳格に対応します)。
  • 試験会場への、自動車、バイク、自転車の乗り入れは禁止です。近隣での無断駐車・駐輪も禁止です。

    ※本試験での「不正行為」とは、次に掲げる行為をいいます。

    • 受験者本人に代わって他人に試験を受験させる行為
    • 他の受験者の答案を見たり、他の受験者に自己の答案を見せる行為
    • 媒体(紙、机、筆記用具、情報端末等)を用いて文書等を見たり、使用したりする行為
    • 私語・動作等による連絡行為
    • 机上に置いてよい物や許可された物以外を机上に置く行為
    • 不正目的でポケットに紙や情報端末を入れる行為
    • 問題用紙、答案用紙、計算用紙を持ち帰る行為
    • 試験監督者の指示に従わない行為
    • 他、上記に類する行為

4.その他

  • 試験開始10分前から試験開始後30分までは退室できません。トイレ利用等の退室は監督者の指示に従って下さい。
  • 寒暖を調節できる服装で来場してください(温度調節の要望にはお応えできません)。
  • ゴミは各自持ち帰ってください。
  • 所定の喫煙場所以外はすべて禁煙です。喫煙場所についての照会対応はいたしかねますので、ご自身でご確認ください。
  • 試験で使用する建物・部屋以外は立入禁止です。
  • 試験会場への直接のお問い合わせはご遠慮ください。
  • 地震や風水害などの災害等により、試験を中止することがあります。
  • 試験実施中に地震等の不測の事態が発生した場合など、試験実施中は、監督者の指示に従って下さい。
Get ADOBE READER

※PDFファイルをご利用いただくには、Adobe社 Acrobat Reader(無償)が必要です。最新のバージョンをお持ちでない方は左のバナーをクリックしてダウンロード後、インストールを行ってください。

CMA資格
プライベートバンカー資格
専門性を高める
金融・資本市場への情報発信
協会について

公益社団法人日本証券アナリスト協会は「ASIF(アジア証券・投資アナリスト連合会)」「ACIIA(国際公認投資アナリスト協会)」のメンバーです。
「CMA」「日本証券アナリスト協会認定アナリスト」「Certified Member Analyst of the Securities Analysts Association of Japan」は、公益社団法人日本証券アナリスト協会の登録商標です。

ページ先頭へ戻る

© 2015 The Securities Analysts Association of Japan.
当ウェブサイト内の文章・画像等の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。