合格者の声

CIIA 試験の合格者の声

2022年3月CIIA試験:合格者(CIIA資格取得者)の声

藤本 琢巳 さん

日興アセットマネジメント株式会社
福岡支店資産運用推進部

『CMA試験合格から8年が経過し、証券・ポートフォリオ分析の知識の再定着とブラッシュアップの必要性を感じていました。そのためにはアウトプットを兼ねて学習をすることが大切と考え、CIIA試験にチャレンジすることを決めました。』

詳細はこちら

宮原 綾一 さん

SMBC日興証券株式会社 神戸支店法人部(合格時)

『知識のブラッシュアップをしたいと考えていたことと、国内においてもIFRS採用企業が増加しており、金融に携わる者として会計・財務に関する知識を一層深めていく必要性を実感していたため受験を決めました。』

詳細はこちら

築比地 淳一 さん

株式会社みずほ銀行(合格時)

『CMAを取得した後も継続してファイナンススキルを維持・向上させ、学習したことを現在携わっている投資運用実務へ応用したいと考え受験を決めました。』

詳細はこちら

林 祐誠 さん

T&Dアセットマネジメント株式会社
債券運用部ファンドマネージャー(合格時)

『ファンドマネージャーとしてアクティブポジションや投資アイディアについて考える実践的な機会が増えたことから、再度金融に関する知識を網羅的に確認したいと考え受験を決めました。』

詳細はこちら

迫田 尚徳 さん

三菱マテリアル株式会社
経営戦略本部経理・財務部(合格時)

『実践的な知識の習得及び知識レベルの定着を目的とし、グローバルな受験層を主眼に置いた高度な問題に挑戦するために受験しました。』

詳細はこちら

田中 隆祐 さん

株式会社三菱UFJ銀行
金融市場部(合格時)

『業務においてマクロ経済や証券分析、国際金融などの分野についてより深い理解が求められたことに加え、国際的に通用する金融の分野の資格を取りたいとの思いから資格への挑戦を決意しました。』

詳細はこちら

西谷 真貴 さん

株式会社肥後銀行
市場金融部(合格時)

『安定的な収益計上に貢献するために、経済・証券・デリバティブへのより深い理解と分析が必要だと痛感し、自らのスキルアップのために受験を決めました。』

詳細はこちら

天野 智章 さん

株式会社阿波銀行 証券国際部(合格時)

『知識・理解の整理とさらなるスキルアップのためにCIIA試験を受験しました。』

詳細はこちら

大久保 賢 さん

野村證券株式会社
GMセールス管理部(合格時)

『グローバル水準でのファイナンス知識獲得や実務的な応用力・論理展開力の醸成に繋がると考え、受験を決めました』

詳細はこちら

黒崎 裕介 さん

株式会社三井住友銀行
コーポレートアドバイザリー本部(合格時)

『CIIAの学習を通じ、実務で活用する知識を整理しつつ、ファンドマネージャーや企業の財務担当責任者の意思決定プロセスを論理的に理解することができました。』

詳細はこちら

水野 有香 さん

明治安田生命保険相互会社
証券運用部債券運用グループ(合格時)

『有価証券の売買・取引執行を行なう部署に異動になったため、証券知識を復習する必要がありました。CIIAはCMAの延長線上にあり、より実務に近い問題が多く出題されることから、受験を決めました』

詳細はこちら

Get ADOBE READER

※PDFファイルをご利用いただくには、Adobe社 Acrobat Reader(無償)が必要です。最新のバージョンをお持ちでない方は左のバナーをクリックしてダウンロード後、インストールを行ってください。

CMA資格
プライベートバンカー資格
専門性を高める
金融・資本市場への情報発信
協会について

公益社団法人日本証券アナリスト協会は「ASIF(アジア証券・投資アナリスト連合会)」「ACIIA(国際公認投資アナリスト協会)」のメンバーです。
「CMA」「日本証券アナリスト協会認定アナリスト」「Certified Member Analyst of the Securities Analysts Association of Japan」は、公益社団法人日本証券アナリスト協会の登録商標です。

ページ先頭へ戻る

© 2015 The Securities Analysts Association of Japan.
当ウェブサイト内の文章・画像等の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。