講座を知る・申込む

証券アナリスト第2次レベル講座の制度内容、受講料を解説します。

受講できる方

受講できるのは、第1次試験の3科目に全て合格された方だけです。

第1次試験の3科目合格後、合格年を含め3年以内に第2次レベル講座の受講開始が必要です。

開講期間

毎年6月から受講申込の受付を開始し、開講期間中はいつでも受講をスタートできます。

第2次レベル講座
開講期間 8月1日から翌年3月31日
2019年度(2019年8月1日~2020年3月31日)
申込受付期間 6月1日から翌年3月31日
2019年度(2019年6月1日~2020年3月31日)
テキスト発行日(年4回) 8月15日、10月15日、12月15日、翌年2月15日

※講座を受講しないと、試験が受けられません。

科目選択はなく、4科目(証券分析とポートフォリオ・マネジメント、コーポレート・ファイナンスと企業分析、市場と経済の分析、職業倫理・行為基準)一括受講となります。

受講料

第2次レベル講座 
新規受講料(消費税込) 52,500円(53,500円)

※消費税率変更に伴い、10月以降は()内に改定されます。

※第1次レベル講座と異なり、当協会の法人会員・法人賛助会員への割引はありません。

※受講料のお支払い(コンビニエンスストア〈現金でのお支払い〉、ペイジー〈ネットバンキング、ATMからのお支払い〉手数料が別途必要です)後は、原則として受講料はお返しできませんので、ご注意ください。

学習方法

学習は、当協会からお送りする講座テキストを中心に、自習方式で学習します。

講座テキスト

マイページから過去5年分の試験問題と解答が閲覧できます。

質問票の利用
「職業倫理・行為基準」を除く3科目の講座テキストには、毎号質問票が添付されています。テキストの記述内容に関するものに限り、1冊につき1回のみ質問票を当協会あて送付できます。質問に対しては、協会事務局が直接回答するか、テキスト執筆者から得た回答を協会経由でお送りします。

1回の受講で翌年度の試験から3年間(計3回)受験できます。

海外在住の方
海外在住の方も受講が可能です。講座テキストはご登録の送付先住所にお届けします。海外への送料の追加負担はありませんが、SAL便(エコノミー航空便)が使用できる地域には、SAL便でお送りします。地域にもよりますが、お届けに2~3週間を要します。

なお、推奨図書等を購入希望の場合は、協会ウェブサイトから購入できませんので、education@saa.or.jpにご照会ください。送料実費をご負担いただきます。

推奨図書 SAL便別窓アイコン

受講開始の期間制限

第1次試験の3科目に全て合格後、合格年を含めて3年以内に第2次レベル講座の受講を開始しないと、第2次レベル講座の受講資格が失効し、第1次レベル講座からやり直す必要があります。

第1次試験の3科目合格年度 第2次レベル講座の受講開始最終年
2017年度 2019年度
2018年度 2020年度
2019年度 2021年度

再受講

3回の受験機会で合格しなかった場合(未受験を含む)は、直ちに第2次レベル講座を受講し直さないと受講資格を失います。再受講しなかった場合は、第1次レベル講座の全ての科目からやり直しとなりますので、マイページの受講・受験履歴確認管理でご自身の受講状況を必ず確認してください。詳細は「再受講制度」をご参照ください。

再受講制度

受講年度と受験可能年

(受講年度の翌年から3年間、計3回の受験が可能)

受講年度     受験可能最終年
2017 2020
2018 2021
2019 2022
2020 2023
Get ADOBE READER

※PDFファイルをご利用いただくには、Adobe社 Acrobat Reader(無償)が必要です。最新のバージョンをお持ちでない方は左のバナーをクリックしてダウンロード後、インストールを行ってください。

CMA資格
プライベートバンカー資格
専門性を高める
金融・資本市場への情報発信
協会について

公益社団法人日本証券アナリスト協会は「ASIF(アジア証券・投資アナリスト連合会)」「ACIIA(国際公認投資アナリスト協会)」のメンバーです。
「CMA」「日本証券アナリスト協会認定アナリスト」「Certified Member Analyst of the Securities Analysts Association of Japan」は、公益社団法人日本証券アナリスト協会の登録商標です。

ページ先頭へ戻る

© 2015 The Securities Analysts Association of Japan.
当ウェブサイト内の文章・画像等の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。