講師の募集

大学・学校などへの講師派遣について

大学・大学院などへの派遣講師を募集しています。

大学・学校などへの講師派遣について大学・学校などへの講師派遣について大学・学校などへの講師派遣について

2005年5月からスタートした「講師派遣制度」は、会員の皆さまのご協力もあって着実に実績を積み重ねてきています。

派遣先も、大学・大学院、官公庁、社会人向けなど多岐に亘っておりますが、最近の特徴として、「CMAとしての経験を踏まえ、証券投資分析の基礎に関する実践的な講義を行ってほしい」、「やる気のある学生には、CMA1次、第2次試験にトライさせ、資格取得をサポートしてほしい」等のニーズが多くの大学から寄せられております。

その中で、柱となるのは「証券アナリスト基礎講座」を活用しての寄附講座です。

当協会としては、「学術振興を目的とする公益事業」を積極的に展開していくためにも、また「証券分析に関する知識の普及とともに将来のCMAの裾野拡大」に貢献していくためにも、こうした要請には事情の許す限り、前向きに対応していくこととしております。これに伴い、大学・大学院向け寄附講座へ派遣する講師を会員から募っております。

会員の皆様には趣旨をご理解いただき、大学向け寄附講座の派遣講師としてご協力下さいますようお願いいたします。

講師募集要項

  1. 当協会のCMAで、いわばボランティアベースで協力できる方。
    ケースにより異なりますが、些少ですが当協会から1回当り1~2万円程度の謝礼と交通費等の実費が支払われます。
  2. CMAとしての実務経験が豊富(一応の目安としては5年以上)で、相応の知識・技術を有する方。
  3. 下記記載の「寄附講座概要(大学向け)」の仕組み(標準例)に沿って、大学生・大学院生向けに講義のできる方。
  4. 当協会からの派遣要請にある程度機動的に対応できる方。

※ なお、応募された方とは、事前に面談させていただく予定です。

寄附講座概要(大学、大学院向け)

標準例(あくまでも「標準例」であり、大学側との調整で弾力的対応も可)

1. 概要

当協会編「証券アナリスト基礎講座テキスト(第1分冊、第2分冊)」を基本テキストとして使用、期間4~6か月、講義回数10~15回の単位認定科目講座(講義)。

  • 講義初回のガイダンス、最終回の単位認定試験は大学側が担当するケースもある。
  • 単位認定試験は当協会の「基礎講座修了試験」を充当することも可(大学側と要調整)。
  • 大学側との講義分担は個々に調整(当協会派遣講師が全て担当することもある)。

2. 対象

主として4年制の大学生(商・経済・経営等の学部生)、大学院生。

3. 目的

将来、銀行、証券、生損保等の金融機関や企業財務分野での活躍を目指す学生向けに、金融や証券に関する基礎知識(理論と実務)を習得させる。

入門・基礎編の「証券アナリスト基礎講座」を修了後は、将来のアナリスト資格取得に向けて、「証券アナリスト第1次レベル通信教育講座」(証券分析とポートフォリオマネジメント、財務分析、経済の3科目)の受講を勧奨。

4. 講義

「証券アナリスト基礎講座テキスト」に沿って講義(適宜、実務・実践的な事例解説を交えることが必要)。

講義は、同テキストの第1章~第13章までを1人で担当することも可、又は得意分野のみ(例えば第3章と第4章のみ)担当することも可(講義内容の詳細は、大学側と要調整)。

社会人セミナーなどへの講師派遣について

社会人セミナーなどへの派遣講師を募集しています。

趣旨、内容は大学・大学院向けに準じますが、どちらかといえば単発のケースが多いです。講師については会員の皆様に下記の通りいわばボランティアベースでのご協力をお願いしています。

講師募集要項

  1. 当協会のCMAで、いわばボランティアベースで協力できる方。
    ケースにより異なりますが、些少ですが当協会から1~2万円程度の謝礼と交通費等の実費をお支払いします。
  2. CMAとしての実務経験が豊富(一応の目安としては5年以上)で、相応の知識・技術を有する方。
  3. 学校やセミナー等の場で話すことを得意とする方。
  4. 当協会からの派遣要請に機動的に対応できる方。
  5. 講演内容は、CMAの守備範囲全般に関わるものになりますが、具体的にはその都度ご相談します。

お申し込み方法

ウェブサイトからのお申し込み

講師応募フォームに必須事項を入力して送信してください。

FAXでのお申し込み

講師応募申込書を印刷して必要事項を記入し、協会事務局あてにFAXしてください。

お問い合わせ先

連絡先 公益社団法人 日本証券アナリスト協会
セミナー担当
メール seminar@saa.or.jp
電話番号 03-3666-1515
FAX番号 03-5640-4529
Get ADOBE READER

※PDFファイルをご利用いただくには、Adobe社 Acrobat Reader(無償)が必要です。最新のバージョンをお持ちでない方は左のバナーをクリックしてダウンロード後、インストールを行ってください。

CMA資格
プライベートバンカー資格
専門性を高める
金融・資本市場への情報発信
協会について

公益社団法人日本証券アナリスト協会は「ASIF(アジア証券・投資アナリスト連合会)」「ACIIA(国際公認投資アナリスト協会)」のメンバーです。
「CMA」「日本証券アナリスト協会認定アナリスト」「Certified Member Analyst of the Securities Analysts Association of Japan」は、公益社団法人日本証券アナリスト協会の登録商標です。

ページ先頭へ戻る

© 2015 The Securities Analysts Association of Japan.
当ウェブサイト内の文章・画像等の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。