試験申込

【重要】PB教育プログラム改定のお知らせ。プライマリーPBテキストは、2022年9月に現行テキストの販売を終了し、2022年10月に新しいテキストを発刊する予定です。現行のテキストに基づく試験は、2022年12月に終了予定ですので、ご注意ください。2023年1月より新しいテキストに則った問題によって試験を実施する予定です。詳細は対外公表文をご確認ください。

対外公表文 [2022/3/17]

プライマリーPBとは

レベル:中級

PB業務の中核的な役割を果たす方のための資格!!

資産運用に関する基本知識を実務面から問うとともに、相続・事業承継、不動産、税金、信託・エステートプランニング等の理解が不可欠です。マス富裕層については、実務に要する基本知識が問われます。

リレーションシップ・マネジメントのスキルと職業倫理に関する知識も必要です。「プライベートバンキング(上下巻)」の内容全般と、資産運用・管理では「資産運用・管理の基礎知識」レベルの知識が要求されます。

受験対象者:誰でも受験可能

試験方式はコンピュータ試験(4肢択一式、3単位、各単位40問、各単位100分)

誰でも受験することができますが、ある程度この方面に基本的な知識を持った人でないと難しいと思われます。金融機関でいえば、プライベートバンキング部門の担当の方、あるいは営業店である程度セールス経験があり、それなりの学習をしている方、またいずれPB の分野で活躍することを目指す方を想定しています。PB コーディネーター資格を取得された方は是非挑戦してみて下さい。 FP2 級取得者が次に目指す実践的な資格としても最適です。

Get ADOBE READER

※PDFファイルをご利用いただくには、Adobe社 Acrobat Reader(無償)が必要です。最新のバージョンをお持ちでない方は左のバナーをクリックしてダウンロード後、インストールを行ってください。

CMA資格
プライベートバンカー資格
専門性を高める
金融・資本市場への情報発信
協会について

公益社団法人日本証券アナリスト協会は「ASIF(アジア証券・投資アナリスト連合会)」「ACIIA(国際公認投資アナリスト協会)」のメンバーです。
「CMA」「日本証券アナリスト協会認定アナリスト」「Certified Member Analyst of the Securities Analysts Association of Japan」は、公益社団法人日本証券アナリスト協会の登録商標です。

ページ先頭へ戻る

© 2015 The Securities Analysts Association of Japan.
当ウェブサイト内の文章・画像等の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。