セミナー・講演会要旨

商品情報

商品番号 33826
商品名 20161013PB補完セミナー「どうする海外財産の税務対応」
開催日 2016年10月13日
カテゴリ PBセミナー・PBスクール要旨
概要 川田 剛 氏 
税理士 税理士法人 山田&パートナーズ 顧問

義務的開示制度の充実がOECDのFTAという税務長官会で議論された。この背景としては、通常の調査では発見が困難な行き過ぎた租税回避取引が横行しているためである。米国・英国・カナダ等では義務的開示制度が開始されている一方で、日本での実施には、報告者や目的・期限などを検討する必要がある。また、自発的開示制度も主要国で実施済みであるが、日本での実施にはやはりいくつかの検討すべき事項がある。プライベートバンカーとして特に注意すべきことは専門家責任であり、租税回避スキームをアドバイスあるいは関与した専門家は責任を問われる。顧客に申告していない国外財産があれば、必ずチェックすべきである。
価格 2,200円
資格更新制度
継続学習料
2ユニット
PB継続学習
ポイント
1pt
職業倫理  
CMA資格
プライベートバンカー資格
専門性を高める
金融・資本市場への情報発信
協会について

公益社団法人日本証券アナリスト協会は「ASIF(アジア証券・投資アナリスト連合会)」「ACIIA(国際公認投資アナリスト協会)」のメンバーです。
「CMA」「日本証券アナリスト協会認定アナリスト」「Certified Member Analyst of the Securities Analysts Association of Japan」は、公益社団法人日本証券アナリスト協会の登録商標です。

ページ先頭へ戻る

© 2015 The Securities Analysts Association of Japan.
当ウェブサイト内の文章・画像等の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。