金融業界を目指す 日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)

日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)資格をご存知ですか?

将来、金融業界でのキャリア構築を目指すなら、CMA資格をお勧めします。この資格は、金融業務にとって根幹となるファイナンスや経済、財務の知識を有していることの客観的な証明となります。

真面目に勉強したことが証明される=志望動機の強さもアピールでき、就活・配活におけるアピールポイントとなります。また、キャリアアップのための大きな武器となることも期待できます。

証券アナリスト(CMA)資格をご存知ですか?

キャリア形成に有益

CMA資格は一定の学習、訓練、経験を通じて、証券アナリストとして必要なスタンダードに達したことを日本証券アナリスト協会が認定する資格です。そのため、証券会社や資産運用会社など、資格取得を必須としているところが少なくありません。

例えば株式アナリスト業務では、個別株式銘柄の評価・選定を行う際に、企業の財務諸表などを分析して収益性や成長性を評価するスキルが求められます。資産運用会社などにおける運用業務(ファンドマネジャー)では、株式や債券ポートフォリオの組成や個別銘柄の売買判断を行う際に、経済分析や証券分析(個別銘柄分析)、ポートフォリオ管理の知識が必要となります。

金融業界でのキャリア形成を考える

このため、CMA資格は、金融業界を中心に多くの方が挑戦している資格です。社会人のみならず、多くの大学生・大学院生も受講しており、第1次試験はもちろん第2次試験に合格する方も少なくありません。在学中に第2次試験に合格した方は、実務経験がないためCMAにはなれませんが、検定会員補として登録すれば、満25歳になるまでCMA並みのサービスが受けられ、登録料と登録継続費が免除される制度があります。

CMA︎はこんな学生へオススメ

金融業界に就職したい
金融業界に就職したい
財務部門で働きたい
財務部門で働きたい
金融・経済・会計の勉強をしたい
金融・経済・会計の勉強をしたい

内定後、「配活」に役立てる

就活におけるメリットがあるのはもちろんですが、CMA資格にチャレンジするのは、内定してからでも遅くありません。入社後、希望部署への配属を目指す(配活)際に、CMA資格がものを言うことが少なくありません。

金融業界の場合、入社後、部署によっては資格取得を義務付けられることも多く、その場合、忙しい業務の合間を縫って資格取得を目指す方が殆どです。どのみち必要になるのであれば、内定後、学生のうちに勉強を始めることで、配活時にも大きなアピールポイントになることが期待できます。

就活・配活に拘わらず、金融業界に身を置きプロフェッショナルを目指すのであれば、最低限必要な知識を体系的に学びませんか。

証券アナリスト資格(CMA)は、企業が求める資格のひとつです

こんなことができるようになる

できること1
投資対象の選別と売買判断
できること2
財務分析・ファイナンス
できること3
企業買収などの戦略立案
できること4
市場や経済・企業の分析

「2017年度 第1次レベル」に合格しました!!

今井 聖也さん
										東洋大学 経営学部3年(合格時)
今井 聖也さん
東洋大学 経営学部3年(合格時)
受講動機は就職活動や将来の仕事で活かすため

就職活動や将来の仕事で活かすために最適であると考え受講を決めました。私が証券アナリスト(CMA)資格を受講するきっかけとなったのは、大学2年生の時に所属ゼミの先生を中心としたボランティア講座開講の存在です。

その際に先生と当該資格合格者の先輩のお話を聞き興味を持ちました。私はその時点では日商簿記検定試験2級と2級FP資格を取得しており、宅建試験の勉強をしていました。そのような中で、当該資格は所属学科の会計とファイナンスという分野をより深く学び、就職活動や将来の仕事で活かすために最適であると考えて他資格と並行して受講を始めました。

合格してどう変わったか

幅広い知識を得られるだけではなく他資格や講義で得た知識が更に深まったと感じています。その結果、ニュースや書籍、ゼミの研究等で扱われる様々な情報に対しての理解も進み、より物事を深く考えることができるようになったと感じています。

資格取得までのイメージ

資格取得までのイメージ。1:受講のお申し込み 2:第一次レベル 3:第二次レベル 4:検定会員へ

学生のうちにCMA資格に挑戦して、
金融の世界に飛込みませんか?