金融・資本市場のプロフェッショナル 日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)

証券アナリスト(CMA)資格とは?

証券投資の分野において、高度の専門知識と分析技術を応用して、各種情報の分析と投資価値の評価を行うことにより、投資助言や投資管理サービスを提供するプロフェッショナルとしての資格です。

投資価値の評価は投資対象の企業価値の算出と将来価値の予測が柱となっています。企業価値を正しく分析するためには、企業財務に関する知識はもとより、マクロ・ミクロ経済、資本市場や金融商品の仕組み、投資理論に至るまで、幅広い知識が求められます。CMAの取得を通じて得るこうした知識は証券投資にとどまらず、企業の経営判断に関するさまざまな分野で役立てられます。

金融・資本市場におけるエキスパートとして

CMAは一定の学習、訓練、経験を通じて、証券アナリストとして必要なスタンダードに達したことを日本証券アナリスト協会が認定する資格であり、そのため、証券会社や資産運用会社など、資格取得を必須としているところが少なくありません。

例えば株式アナリスト業務では、個別株式銘柄の評価・選定を行う際に、企業の財務諸表などを分析して収益性や成長性を評価するスキルが求められます。資産運用会社などにおける運用業務(ファンドマネジャー)では、株式や債券ポートフォリオの組成や個別銘柄の売買判断を行う際に、経済分析や証券分析(個別銘柄分析)、ポートフォリオ管理の知識が必要となります。

CMAの知識はあらゆる局面で応用できます。一例として、金融機関における運用商品の企画・営業業務では、投資信託をはじめ、さまざまな運用商品の企画・設計・販売を行う際に、商品特性の理解や顧客向け説明・報告対応など、いろいろな場面においてCMAプログラムで学ぶ資産運用の専門知識を活かすことができます。

身につく力は企業や市場、時代を見極めるスキル

一般事業会社でCMAを活用する

CMAの活躍の場は、「証券アナリスト」という名前でありながら、資格保有者のうち、約1/4は金融業界以外の方です。一般の事業会社や士業で証券アナリストのスキルを活かしている人も大勢いるのです。

例えば、事業会社が資金調達手段を最適化することは、企業価値の向上に直結します。証券会社のアナリストと対峙するIR担当者の活動においては、証券分析・財務分析の知識は必須といえます。経営戦略部門でM&Aを検討する局面においては、買収先企業の事業価値を評価する際に、証券アナリストの知識やスキルをフルに活用することになります。

最前線で活躍する資格者の声

中空 麻奈さん
中空 麻奈さん
BNPパリバ証券(インタビュー時)

「アナリストとして持っていて欲しい資質は、好奇心が旺盛であることです。
金融の中でもリサーチについては女性の比率が高いと思いますし、必ず活躍のチャンスが来るという気概を持って、ぜひ多くの方にチャレンジしてほしいです。」

谷川 敬祐さん
谷川 敬祐さん
三井物産株式会社(インタビュー時)

「経理と財務の有機的な関連を学べる一石二鳥以上の内容が詰まった資格。合格して数字への苦手意識はなくなり違う景色が見えるようになりました。」

様々な分野で活躍できる

証券アナリスト(CMA)資格を取得した方々は、証券会社、銀行、保険、運用会社等の金融機関はもちろん、一般事業会社においても企業のIR(投資家向け広報)担当者や財務担当者、経営企画、システムエンジニア、監査役など、様々な分野において活躍しています。

資格取得者の方が活躍できる場は、資本市場の発達と高度化に伴って、大きく広がっているだけでなく、よりいっそうの専門化が進んでいます。

CMA資格取得者の内訳

証券アナリスト(CMA)資格を取得するには?

証券アナリスト(CMA)資格取得には、まず「証券アナリスト第1次レベル講座 」を受講・受験し、 合格後に第2次レベル講座を受講・受験して合格する必要があります(3年以上の実務経験が必要です)。

資格取得までのイメージ

資格取得までのイメージ。1:受講のお申し込み 2:第一次レベル 3:第二次レベル 4:検定会員へ

Phase.1

第1次レベル講座

⟨ 受講+受験 ⟩

3科目一括受講(科目別の受講はできません)
※3年間で6回受験できます
(受験は科目別に受験できます)

証券分析とポートフォリオ・マネジメント

  1. 1:計量分析と統計学
  2. 2:ファンダメンタル分析
  3. 3:個別資産の分析・評価
  4. 4:ポートフォリオ・マネジメント

財務分析

  1. 1:会計学
  2. 2:財務諸表分析

経済

  1. 1:マクロ経済学
  2. 2:ミクロ経済学
Phase.2

第2次レベル講座

⟨ 受講+受験 ⟩

4科目の一括受講(科目別の受講・受験はできません)
※3年間で3回受験できます。

証券分析とポートフォリオ・マネジメント

  1. 1:計量分析と統計学
  2. 2:ファンダメンタル分析
  3. 3:個別資産の分析・評価
  4. 4:ポートフォリオ・マネジメント

コーポレートファイナンスと企業分析

  1. 1:財務会計
  2. 2:財務諸表分析
  3. 3:コーポレート・ファイナンス
  4. 4:コーポレート・ガバナンス

市場と経済の分析

  1. 1:マクロ経済学(国際経済学を含む)
  2. 2:ミクロ経済学
  3. 3:経済・金融の諸問題

職業倫理・行為基準

証券アナリスト(CMA)資格取得者数と合格率

CMA総数:26,784名

※2018年3月末現在

第1次レベル試験(年2回)の合格率(合格者数/受験者数)

2017年春試験 2017年秋試験 2018年春試験
証券分析とポートフォリオ・マネジメント 48.2% 48.0% 53.2%
財務分析 49.1% 52.0% 49.2%
経済 47.4% 55.1% 52.0%
合計(延べ) 48.2% 51.6% 51.3%

第2次レベル試験(年1回)の合格率(合格者数/受験者数)

2016年 2017年 2018年
4科目総合 48.1% 47.5% 49.2%

金融・資本市場のエキスパートに向けて
ステップアップしませんか?