企業のディスクロージャーとは

企業のディスクロージャーとは

投資価値の分析・評価を行う上で充実・向上が望まれる

日本証券アナリスト協会では、ディスクロージャー研究会を設置して、企業情報の専門ユーザーとしての証券アナリストの立場から、企業のディスクロージャーの促進・向上策を調査研究するとともに、ディスクロージャーをめぐる社会的議論にも積極的に参加し、提言を行っています。

その具体策のひとつとして、証券アナリストによるディスクロージャー優良企業選定制度があります。

企業のディスクロージャーとは企業のディスクロージャーとは

優良企業選定の対象として業種別選定に加え、新興市場銘柄や個人投資家向け情報提供分野もカバー

この制度は、企業の開示資料のほか、IR部門や経営陣へのインタビューなどによって、担当企業の最新の実態を把握する証券アナリストが、各社のディスクロージャーについて、次の5分野を評価するものです。

  • 経営陣のIR姿勢、IR部門の機能、IRの基本スタンス
  • 説明会、インタビュー、説明資料等における開示
  • フェアー・ディスクロージャー
  • コーポレート・ガバナンスに関連する情報の開示
  • 各業種の状況に即した自主的な情報開示

この優良企業選定は、平成7年度(1995年)にスタートし、平成27年度には第21回を迎えました。この間、業種別選定に加え、新興市場銘柄や個人投資家向け情報提供分野についても対象を拡大してきました。

対象企業へのフィードバックを通じて双方向での議論と認識共有

評価結果については、結果報告(フィード・バック)を行い、評価者の意見やアドバイスを企業へ伝えます。企業の中には、結果報告等を参考に、ディスクロージャーの改善を図っている企業も少なくありません。

対象企業へのフィードバックを通じて双方向での議論と認識共有対象企業へのフィードバックを通じて双方向での議論と認識共有

企業情報開示の向上に貢献

長年の評価の積み重ねによって、証券アナリストと企業IIR当者のコミュニケーション・対話が緊密化し、ディスクロージャー全般で内容の充実や質の向上に貢献していると認識しています。

企業情報開示の向上に貢献企業情報開示の向上に貢献

ディスクロージャー研究会の提言等

日本証券アナリスト協会に設置されている「ディスクロージャー研究会」において、証券アナリストの立場から様々な検討を行い、研究会としての考え方を提言しています。

ディスクロージャー研究会の提言等ディスクロージャー研究会の提言等
Get ADOBE READER

※PDFファイルをご利用いただくには、Adobe社 Acrobat Reader(無償)が必要です。最新のバージョンをお持ちでない方は左のバナーをクリックしてダウンロード後、インストールを行ってください。

証券アナリスト資格
プライベートバンカー資格
専門性を高める
金融・資本市場への情報発信
協会について

当協会はASIF(アジア証券・投資アナリスト連合会)、ACIIA®(国際公認投資アナリスト協会)のメンバーです。

ページ先頭へ戻る

© 2015 The Securities Analysts Association of Japan.