プライベートバンカー春夏秋冬 プライベートバンカー春夏秋冬

これまでの事業承継の常識は通用しない!?金融アドバイザーが知らないとマズい新制度とは

これまでの事業承継の常識は通用しない!?金融アドバイザーが知らないとマズい新制度とは いま営業パーソンに求められているのは◯◯を準備する力

多くの金融アドバイザーにとって、最も営業対象先としたいのが中小企業のオーナー社長だろう。オーナー社長は個人の資産管理のみならず、所有している法人のニーズが多様化しており、金融アドバイザーとしては提案できる商品の幅が広い。

営業成績向上のカギ?!M&Aの可能性がある中小企業を嗅ぎ分ける方法とは?

営業成績向上のカギ?!M&Aの可能性がある中小企業を嗅ぎ分ける方法とは? いま営業パーソンに求められているのは◯◯を準備する力

従来はある程度の規模の会社のみがM&Aの対象だったが、近年はインターネットの発展によって、スモールカンパニーを比較的少額で売買することが増えつつあるという。

「隠れ富裕層」の探し方

「隠れ富裕層」の探し方 いま営業パーソンに求められているのは◯◯を準備する力

金融アドバイザーであれば、富裕層は最もアタックしたい対象先だろう。しかし、その分、優良企業のオーナー社長といった分かりやすい富裕層は各金融機関が営業をかけるので競争率が高い。

金融業界における資格と営業成績の関係性

金融業界における資格と営業成績の関係性 金融業界における資格と営業成績の関係性

「営業は実績さえ上がれば資格は必要ない」と思われがちだが、実はそうとは言い切れない。むしろ「営業成績の向上」という目的を達成するために「資格取得」は効率の良い手段。キーワードは「人的資本」だ。

いま営業パーソンに求められているのは◯◯を準備する力

いま営業パーソンに求められているのは◯◯を準備する力 いま営業パーソンに求められているのは◯◯を準備する力

営業パーソンに求められる重要なスキルとは一体何だろうか。いわゆる「傾聴力」が重要だという意見もよく耳にするが、単なる「御用聞き営業」の可能性もある。そう考えると、より重要なスキルは「ニーズの仮説を準備すること(仮説営業)」ではないだろうか。

法人担当者が社長から真の信頼を勝ち取る方法とは

法人担当者が社長から真の信頼を勝ち取る方法とは 法人担当者が社長から真の信頼を勝ち取る方法とは

法人担当者は、その立場上、濃淡はあれ経営者に接することができる存在だ。少なくとも、その経営者を「ド新規」で営業するリテール営業担当者に比べて、有利な立場にいることは間違いない。他社と大きな差別化を勝ち得るためには。

メガバンク冬の時代到来!AIに職を奪われる前に行うべきこと

メガバンク冬の時代到来!AIに職を奪われる前に行うべきこと メガバンク冬の時代到来!AIに職を奪われる前に行うべきこと

AI化が逆流する可能性は極めて低い。特にAI化の荒波を受けるのが、高給取りで社会的信用も高かった銀行員と言われている。この状況下において、AIに職を奪われる前に、銀行員はどのような行動を取れば良いのか?

富裕層の見つけ方

富裕層の見つけ方 富裕層の見つけ方

富裕層営業にとっての大きな悩みは、「いったい富裕層はどこにいるのだろうか」ということではないだろうか。外見だけで判断することは難しい富裕層を開拓するためのアイディアとは?

証券アナリスト資格
プライベートバンカー資格
専門性を高める
金融・資本市場への情報発信
協会について

当協会はASIF(アジア証券・投資アナリスト連合会)、ACIIA®(国際公認投資アナリスト協会)のメンバーです。

ページ先頭へ戻る

© 2015 The Securities Analysts Association of Japan.