プライベートバンカー資格
公共社団法人 日本証券アナリスト協会-The Securities Analysts Association of Japan
Login
マイページ・PB専用ページをお持ちの方はこちら。受験・資格関連情報の閲覧、各種割引の適用などができます。

図書紹介

「カリスマ不動産コンサルタントから学ぶ 資産を守り増やすための12の実践哲学」

福田郁雄 著
住宅新報社 2015.6.12 251ページ 1,500円

「カリスマ不動産コンサルタントから学ぶ 資産を守り増やすための12の実践哲学」 PDF (154KB)

 本書は、不動産のプロ向けに書かれた不動産コンサルティングの実践哲学である。著者は、「今までにない新しい発想」、「実際に現場でやって検証済みのもの」、「依頼者の気持ちになって」の3つの観点から不動産コンサルティングに関する12の分野について解説している。

 最初に取り上げているのは、世間で関心の高い相続であるが、従来から言われている供給者側(不動産業者、建築会社、銀行、税理士等)から見た相続対策は、節税に重点が置かれ過ぎており、間違った対策で相続人が苦労するケースが頻発していると指摘している。そこで、著者は、依頼者、つまりユーザーニーズから見た新発想の対策を提示している。そこでは、被相続人の「生存対策」が出発点であり、次に相続人の「相続後の生活設計」となっている。以下のテーマでも、一貫してユーザーの視点に立ったアドバイスが説かれている。

 不動産コンサルティングの現場では、単純な不動産の問題を解決するというものは少なく、ほとんどの場合が不動産以外の関連分野にまたがって、戦略を考え、問題解決や企画をしていかなければならないものばかりであるという。テーマは12に分かれているが、実務の現場では、渾然一体となっており、相互に関連して理解することが必要となる。

 これから不動産コンサルタントを目指そうという方にもコンサルティングを受ける側の資産家にとっても役に立つ一冊である。

 著者は、(株)福田財産コンサル 代表取締役。

目次

Chapter1 相続
       相続対策の新潮流 相続対策から生存対策へ
Chapter2 建築
       コンセプト賃貸 ターゲットとテーマを設定しよう
Chapter3 投資
       投資判断 欲と恐怖のバランス取れていますか
Chapter4 金融
       事業再生 金融側から見た不良債権
Chapter5 税務
       事業用資産の買換え特例
Chapter6 法務
       借地権の活用 借地権の問題解決と事業としての活用方法
Chapter7 経営
       財産診断 取り組むべき課題を明確にする
Chapter8 鑑定
       最有効使用と価格の歪み ホントは教えたくない不動産アービトラージの発想
Chapter9 不動産
       売却&購入戦略 戦略立案で変わる不動産価格
Chapter10 資産設計
       プライベートカンパニー 時間を味方にして資産と所得を移転
Chapter11 コンサルティング
       フレームワーク 情報と知識を知恵に昇華させる

  • facebook
  • twitter
  • YouTube
検索キーワード:
© 2015 The Securities Analysts Association of Japan.
当ウェブサイト内の文章・画像等の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。