プライベートバンカー資格
公共社団法人 日本証券アナリスト協会-The Securities Analysts Association of Japan
Login
マイページ・PB専用ページをお持ちの方はこちら。受験・資格関連情報の閲覧、各種割引の適用などができます。

図書紹介

「お金は寝かして増やしなさい」

水瀬ケンイチ 著
フォレスト出版 2017.12 268ページ 1,500円(税抜き)

「お金は寝かして増やしなさい」 PDF (147KB)

貯蓄から資産形成を標榜する金融庁では、積立NISAを推進しているが、その対象商品は、インデックス投信135本、アクティブ運用投信17本、ETF3本(30年7月20日現在)と約9割がインデックス投資となっている。しかし、世間一般では、まだインデックス投資について理解が進んでいるとは言えない状況にある。

こうした中で、サラリーマン投資家である著者は、15年ほど前にマルキールの名著「ウォール街のランダム・ウォーカー」に感銘を受けて、それまでの個別銘柄投資からインデックス投資に転換している。当時は、インデックス投信の数は少なく、募集停止・繰上償還や運用会社の消滅などの憂き目に加え、リーマン・ショックなど市場の乱高下にも翻弄されながらも、地道に積立投資を継続している。この結果、保有資産は、約15年間で積み上げた元本に対して約150%に増えたという。

本書は、著者がインデックス投資に転換した理由や、その後の苦節を包み隠さずに披露しており、貴重なインデックス投資の実践記となっている。

資産運用についてアドバイスする者にとって、アクティブ運用を勧めるとしても、インデックス投資の実践についての理解は必須であろう。

著者は、IT企業勤務。インデックス投資家として有名で、ブログ「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」を執筆。

主要目次

 プロローグ 私がたどり着いた「寝かせてお金を増やす方法」
 第1章 金融のど素人でもプロと互角以上に戦える「インデックス投資」
 第2章 寝かせて増やすインデックス投資の実践法
 第3章 おすすめの金融機関&口座開設の手順と気になるNISAとiDeCo
 第4章 始めるのはカンタンだけど続けるのは意外と難しい
 第5章 涙と苦労のインデックス投資家15年実践記
 第6章 貴重情報!インデックス投資の終わらせかた
 エピローグ 寝かせて増やすことはつまり人の未来を信じるということ

 
  • facebook
  • twitter
  • YouTube
検索キーワード:
© 2015 The Securities Analysts Association of Japan.
当ウェブサイト内の文章・画像等の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。