プライベートバンカー資格
公共社団法人 日本証券アナリスト協会-The Securities Analysts Association of Japan
Login
マイページ・PB専用ページをお持ちの方はこちら。受験・資格関連情報の閲覧、各種割引の適用などができます。

図書紹介

「「対話力」ですすめる 事業性評価がよくわかる本」

大山雅己 著
経済法令研究会2017.4 159ページ 1,500円(税別)

「「対話力」ですすめる 事業性評価がよくわかる本」 PDF (159KB)

事業性評価は、金融庁が平成26事務年度の金融モニタリング基本方針で打ち出したことから、金融業界で関心が高いキーワードとなっている。

しかし、著者は、取引先を「評価」するという意識に引きずられると、地域金融機関に期待される事業性評価の本質を見失うという。その本質は、取引先との対話を通じて取引先の未来を共に考えることにあると主張する。

そして具体的には、取引先が市場や顧客に選ばれている理由を理解・共有し、未来に向けて取引先が選ばれ続けるために強みや特長を伸ばし、弱みや課題を改善する取組みを共に考え、持続的な成長に活かすことだと解説している。

著者は、ジュピター・コンサルティング株式会社代表取締役で、独立行政法人 中小企業基盤整備機構事業承継コーディネーターも務めており、知的資産経営や事業承継・事業再生に強い実務家である(当協会PB資格試験委員)。

主要目次

 第1章 事業性評価とは
 第2章 「沿革」を聞いて取引先らしさを知る
 第3章 「内部環境」を聞いて強み・弱みを知る
 第4章 「外部環境」を聞いて課題を知る
 第5章 財務諸表・ロカベン等の活用
 第6章 業界特性と地域特性の分析方法
 第7章 事業性評価に基づく支援

  • facebook
  • twitter
  • YouTube
検索キーワード:
© 2015 The Securities Analysts Association of Japan.
当ウェブサイト内の文章・画像等の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。