プライベートバンカー資格
公共社団法人 日本証券アナリスト協会-The Securities Analysts Association of Japan
Login
マイページ・PB専用ページをお持ちの方はこちら。受験・資格関連情報の閲覧、各種割引の適用などができます。

図書紹介

「LIFE SHIFT-100年時代の人生戦略」

リンダ・グラットン/アンドリュー・スコット著 池村千秋訳
東洋経済新報社2016.11 399ページ 1,800円(税別)

「LIFE SHIFT-100年時代の人生戦略」 PDF (83KB)

わが国をはじめ世界的に長寿化が進んでいる。いま先進国で生まれる子供は、50%を上回る確率で105歳以上生きると言われている。著者によれば、こうした下ではこれまでの教育のステージ20年、仕事のステージ40年、引退のステージ20年の人生3ステージモデルのままでは、生きていけなくなるだろうと問題提起している。単に仕事のステージが長くなるだけでは、休む間もなく働き続け、退屈な日々を過ごし、エネルギーを消耗して、貧困と後悔の老後になってしまうだろう。

長寿に伴い仕事のステージが長くなるのは間違いないが、これまでの1企業1キャリアに縛られるのではなく、仕事を中断して新たな教育を受けて転身を図りながら、マルチステージの人生を実践することを説いている。このためには、自由時間の一部をレクリエーション(=娯楽)ではなく、自己をリ・クリエーション(=再創造)するために振り向けるとともに、異業種の友人の輪を広げていくことが必要になるとアドバイスしている。

わが国では、長寿化は介護や年金問題で悲観的な論調になりがちだが、民間企業の終身雇用制が崩壊してきている状況下、自ら前向きにマルチキャリアを考える時代にきていることに改めて気付かせる良書である。そして定年のない独立したプライベートバンカーもそうした選択肢の一つとして見えてくる。

著者は、ロンドン・ビジネススクール教授 人材論、組織論(グラットン)/同経済学教授(スコット)。

主要目次

 序章  100年ライフ
 第1章 長い生涯
 第2章 過去の資金計画
 第3章 雇用の未来
 第4章 見えない「資産」
 第5章 新しいシナリオ
 第6章 新しいステージ
 第7章 新しいお金の考え方
 第8章 新しい時間の使い方
 第9章 未来の人間関係
 終章  変革への課題

  • facebook
  • twitter
  • YouTube
検索キーワード:
© 2015 The Securities Analysts Association of Japan.
当ウェブサイト内の文章・画像等の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。