プライベートバンカー資格
公共社団法人 日本証券アナリスト協会-The Securities Analysts Association of Japan
Login
マイページ・PB専用ページをお持ちの方はこちら。受験・資格関連情報の閲覧、各種割引の適用などができます。

図書紹介

確定拠出年金の教科書

山崎元著
日本実業出版社2016.6 232ページ 1,400円(税別)

確定拠出年金の教科書 PDF (79KB)

確定拠出年金については、法律改正により2017年から「個人型」の加入対象者が大幅に拡大されることとなったため、このところ数多くの解説書が出版されている。

プライベートバンカーが主に対象とする年配層の顧客自身にとっては、確定拠出年金は直接関係ないとしても、顧客ファミリー全体で、これから長期の資産運用を考えていく上では、必要不可欠な年金制度と考えられる。

本書は、単に制度解説にとどまらず、運用管理機関や運用商品の選び方、ポータビリティ、年金の受け取り方までコンパクトにまとまっている。中でも、企業型、個人型のそれぞれについて、実際の金融商品ラインナップを挙げて、具体的な選択方法を詳しく解説している。

著者は、資産運用について論理的に鋭い意見を述べることで知られており、本書においても、確定拠出年金を提供する金融ビジネス側に立つのではなく、100%加入者個人の利益の側に立つと旗幟を鮮明にしている。それだけに、金融ビジネス側にとっては、耳の痛い指摘もあるが、それを踏まえた顧客提案が求められている。

著者は、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。

主要目次

第1章 確定拠出年金で、何がどれほど得になるのか
     確定拠出年金をやらないと「もったいない!」
第2章 なぜ今、確定拠出年金が話題なのか ~政府の思惑、企業の本音~
     政府・企業・金融機関の思惑を知って利用しよう
第3章 確定拠出年金の始め方
     企業型では利用方に、個人型では運営管理機関選びに気を付けよう
第4章 確定拠出年金を「合理的」に使いこなそう
     確定拠出年金の運用は「合理的」に一つに決まる
第5章 確定拠出年金の諸手続きについて
     各種の手続は「自分で」行う
第6章 変化に対応する
     さまざまな「変化」

  • facebook
  • twitter
  • YouTube
検索キーワード:
© 2015 The Securities Analysts Association of Japan.
当ウェブサイト内の文章・画像等の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。