プライベートバンカー資格
公共社団法人 日本証券アナリスト協会-The Securities Analysts Association of Japan
Login
マイページ・PB専用ページをお持ちの方はこちら。受験・資格関連情報の閲覧、各種割引の適用などができます。

図書紹介

上場会社オーナーのための資産管理実務

小谷野幹雄監修 小谷野公認会計士事務所編著
きんざい 2016.4 526ページ 5,000円(税別)

上場会社オーナーのための資産管理実務 PDF (78KB)

上場を達成した会社オーナーは、様々な利点を享受する反面、資産の大部分が価格変動リスクの大きい自社株式になるため、不動産の割合が高い一般的な富裕層とは異なった資産保全、管理、事業承継のプランニングが重要な課題となる。さらに情報開示(ディスクロージャー)の側面から、会社のIRや証券アナリスト向けの説明も考慮する必要がある。

本書は、こうした特性を踏まえて、上場オーナーの抱える課題への対応策を多岐にわたり丁寧に解説している。

なお、本書の読者はPB(プライベートバンカー)、FP(ファイナンシャルプランナー)、WM(ウェルスマネジャー)、税理士、公認会計士、弁護士などの実務家を想定しているため、基本的な税法や会社法を理解していることが前提となっている。

監修者は、小谷野公認会計士事務所代表 公認会計士 CMA。

主要目次

第 1章 上場会社オーナーの課題
第 2章 資産保全会社を利用した事業承継対策
第 3章 企業組織再編を利用した事業承継対策
第 4章 資産保全会社のフロー面の検討
第 5章 公益財団法人を利用した事業承継対策
第 6章 信託を利用した事業承継対策
第 7章 資産の移転対策
第 8章 遺言書
第 9章 相続発生後の実務
第10章 相続発生後の納税資金対策
第11章 上場会社オーナーの相続税調査
第12章 上場会社オーナーと金融商品取引法
第13章 上場会社オーナーのフロー面の検討
第14章 上場会社オーナーの海外取引

  • facebook
  • twitter
  • YouTube
検索キーワード:
© 2015 The Securities Analysts Association of Japan.
当ウェブサイト内の文章・画像等の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。