国際セミナー

ENGLISH → 第10回SAAJ国際セミナー 2019年4月16日(火)東京
日本証券アナリスト協会主催

会場:マンダリンオリエンタル東京 グランドボールルーム
   (東京都中央区日本橋室町2-1-1 日本橋三井タワー3階)
日英同時通訳付き

13:00-13:30 受付
13:30-13:40 開会挨拶
新芝 宏之 氏 CMA
 日本証券アナリスト協会 会長
13:40-14:20 セッション1 基調講演
日本の資産運用業界への期待

井藤 英樹 氏
 金融庁 総合政策局審議官(監督局担当)
14:25-15:15 セッション2
アクティブ運用会社としての進化と歩み

ニコラス・S.トゥルーマン 氏
 ティー・ロウ・プライス
 グローバル・インベストメント・マネジメント・サービシズ 
 アジア・パシフィック地域統括責任者
  • ティー・ロウ・プライスは1937年の創業以来、再現性の高いアクティブ運用を長期的な視野からひたむきに追求し、お客様へ優れた運用成果としてお届けすることで信頼を獲得してまいりました。こうした取り組みや進化の範囲は、調査・運用体制といった運用現場の強化に止まらず、資本市場投資家としてのあり方、企業体としての組織力、協働の企業文化、人材開発・育成にまで及びます。本講演では、こうした取り組みや進化の事例についてご紹介します。
15:15-15:25 休憩
15:25-16:15 セッション3
これからの投資信託の役割とは ~投資文化の普及のために~

藤野 英人 氏 CMA、CIIA
 レオス・キャピタルワークス株式会社
 代表取締役社長、最高投資責任者
  • 日本の資産運用業界の問題点と、投資文化の普及のために必要なステップ、そのなかでの投資信託の役割について、投資家であり、独立系投資会社を立ち上げた起業家の立場から語ります。
16:15-16:25 休憩
16:25-18:00 セッション4 パネルディスカッション
デジタル化時代の新たな資産運用ビジネス

パネリスト
朝倉 智也 氏
 SBIホールディングス株式会社 専務取締役
 モーニングスター株式会社 代表取締役社長
有友 圭一 氏
 一般社団法人国際資産運用センター推進機構
 代表理事
柴山 和久 氏
 ウェルスナビ株式会社
 代表取締役CEO

モデレーター
清水 毅 氏 CMA
 PwCあらた有限責任監査法人
 パートナー、資産運用インダストリー・リーダー 公認会計士

  • 2025年に向けて資産運用業におけるデジタル化の影響について、各パネリストに議論していただきます。
     ・投資運用におけるデジタル化の影響
     ・ファンドの販売・マーケティングにおけるデジタル化の影響
       ・広義のウエルスマネジメントにおけるデジタル化の影響
18:00 閉会
18:00-19:30 レセプション(懇親パーティー)
会場: マンダリンオリエンタル東京 3階 ホワイエ
Get ADOBE READER

※PDFファイルをご利用いただくには、Adobe社 Acrobat Reader(無償)が必要です。最新のバージョンをお持ちでない方は左のバナーをクリックしてダウンロード後、インストールを行ってください。

CMA資格
プライベートバンカー資格
専門性を高める
金融・資本市場への情報発信
協会について

公益社団法人日本証券アナリスト協会は「ASIF(アジア証券・投資アナリスト連合会)」「ACIIA(国際公認投資アナリスト協会)」のメンバーです。
「CMA」「日本証券アナリスト協会認定アナリスト」「Certified Member Analyst of the Securities Analysts Association of Japan」は、公益社団法人日本証券アナリスト協会の登録商標です。

ページ先頭へ戻る

© 2015 The Securities Analysts Association of Japan.
当ウェブサイト内の文章・画像等の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。