証券アナリストとは

金融・資本市場のプロである CMAは、金融機関、資産運用会社、一般事業会社等において、その専門知識やスキルを活用して幅広く活躍しています。 CMAの専門知識やスキルは、例えば次のような分野で活用されています。

証券会社や資産運用会社の株式アナリスト業務

個別株式銘柄の評価・選定を行う際に、企業の財務諸表等を分析して収益性や成長性を評価するスキルが求められます。 CMA資格の取得を必須としている先は少なくありません。

資産運用会社等における運用業務(ファンドマネージャー)

株式や債券ポートフォリオの組成や個別銘柄の売買判断を行う際には、経済分析や証券分析(個別銘柄分析)、ポートフォリオ管理のスキルが求められます。ここでもCMA資格の取得を必須としている先は少なくありません。

金融機関における運用商品の企画・営業業務

投資信託をはじめ、さまざまな運用商品の企画・設計・販売を行う際に、商品特性の理解や顧客向け説明・報告対応等、色々な局面でCMAプログラムで学ぶ資産運用の専門知識が活用されています。

機関投資家や金融機関のリスク管理部門におけるポートフォリオ管理業務

年金資産や金融機関が運用する巨額の証券ポートフォリオを適切に管理していくには、資産運用の専門知識を活用したポートフォリオ管理(資産配分やポートフォリオのリスク管理技法等)のスキルが求められます。スチュワードシップコードやガバナンスコードが問われる中、企業との建設的な対話にも欠かせないスキルです。ここでもまた、CMA資格の取得を必須としている先は少なくありません。

一般事業会社における財務管理業務・IR業務

一般の事業会社においても、資金調達(コーポレート・ファイナンス)を通じた企業価値の向上が求められており、こうした業務のほか、証券会社のアナリストと対峙するIR活動においても、CMAプログラムで学ぶ証券分析・財務分析の知識が役立っています。M&Aにおいて、企業や事業の価値を評価するに際にも、活用されています。

Get ADOBE READER

※PDFファイルをご利用いただくには、Adobe社 Acrobat Reader(無償)が必要です。最新のバージョンをお持ちでない方は左のバナーをクリックしてダウンロード後、インストールを行ってください。

CMA資格
プライベートバンカー資格
専門性を高める
金融・資本市場への情報発信
協会について

公益社団法人日本証券アナリスト協会は「ASIF(アジア証券・投資アナリスト連合会)」「ACIIA(国際公認投資アナリスト協会)」のメンバーです。
「CMA」「日本証券アナリスト協会認定アナリスト」「Certified Member Analyst of the Securities Analysts Association of Japan」は、公益社団法人日本証券アナリスト協会の登録商標です。

ページ先頭へ戻る

© 2015 The Securities Analysts Association of Japan.
当ウェブサイト内の文章・画像等の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。