証券アナリストとは

CMAは、深い専門知識と高い職業倫理観を身につけた金融・資本市場のプロとして、様々な分野で活躍しています。

CMAの活躍分野は、証券会社や資産運用会社で企業や産業を調査・分析しているリサーチ・アナリスト、資産運用会社や銀行・保険会社などの機関投資家で資産運用(有価証券などへの投資)に携わるファンド・マネジャー、ポートフォリオ・マネジャーにとどまりません。

CMAの知識・スキルを活かせる活躍の場は、エコノミスト(経済分析)、ストラテジスト(投資戦略)、クオンツ・アナリスト(計量分析)、クレジット・アナリスト(信用分析)、ベンチャー・キャピタリスト(企業育成)、インベストメント・バンカー(企業金融)など、年々大きく広がっています。

さらには、事業会社のIR部門、財務部門、事業投資部門、IT部門や、公認会計士、資産運用コンサルタントとしても、多くのCMAが活躍しています。

様々な分野で活躍するCMA

CMAの所属内訳

様々な分野で活躍するCMA 様々な分野で活躍するCMA
  • リサーチ・アナリスト(企業・産業調査)
  • エコノミスト(経済分析)
  • ストラテジスト(投資戦略)
  • クオンツ・アナリスト(計量分析)
  • クレジット・アナリスト(企業の信用評価)
  • ファンド・マネージャー(投資運用)
  • ベンチャー・キャピタリスト(企業育成)
  • インベストメント・バンカー(企業金融)
  • 事業会社の財務担当者
  • 事業会社のIR担当者
  • コンサルタント・公認会計士
Get ADOBE READER

※PDFファイルをご利用いただくには、Adobe社 Acrobat Reader(無償)が必要です。最新のバージョンをお持ちでない方は左のバナーをクリックしてダウンロード後、インストールを行ってください。

CMA資格
プライベートバンカー資格
専門性を高める
金融・資本市場への情報発信
協会について

公益社団法人日本証券アナリスト協会は「ASIF(アジア証券・投資アナリスト連合会)」「ACIIA(国際公認投資アナリスト協会)」のメンバーです。
「CMA」「日本証券アナリスト協会認定アナリスト」「Certified Member Analyst of the Securities Analysts Association of Japan」は、公益社団法人日本証券アナリスト協会の登録商標です。

ページ先頭へ戻る

© 2015 The Securities Analysts Association of Japan.
当ウェブサイト内の文章・画像等の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。