プライベートバンカー資格
公共社団法人 日本証券アナリスト協会-The Securities Analysts Association of Japan
Login
マイページ・PB専用ページをお持ちの方はこちら。受験・資格関連情報の閲覧、各種割引の適用などができます。

スタディ・ガイド

PBコーディネーター資格の受験・合格に向けて、PBコーディネーター資格、学習教材、試験概要と受験方法、合格後の継続教育と資格更新制度についてご紹介します。

1.はじめに

1.はじめに PDF (545KB)

2.プライベートバンカーの3資格

2.プライベートバンカーの3資格 PDF (350KB)

資格のレベル

プライベートバンカーの入門コース(初級レベル)です。金融機関の窓口あるいは外勤の担当者として、①富裕層顧客のニーズを理解し、②第一次的な応対をし、③関係部署と適切な連携を取ることができるレベルを目指します。

① 富裕層顧客のニーズを理解

  • お客様の話にピンとくる知識、感性

② 第一次的な応対

  • お客様と良好な関係を構築
  • RM(リレーションシップ・マネジメント)、コミュニケーション力

③ 関係部署と適切な連携を取る

  • お客様のニーズを橋渡し
  • 頼れる専門家に橋渡しするコーディネート力

学習の目標

目標は、富裕層ビジネスに必要な基礎的な知識やノウハウなど、PB分野の基本的事項の理解です。金融および金融商品に関する全般的な知識(WM<ウェルスマネジメント>に欠かせない金融知識)と税金、不動産、信託、相続の基礎的知識に加え、顧客(特にマス富裕層)との信頼関係を築くRM(リレーションシップ・マネジメント)、職業倫理の基本をマスターすることが必要です。一般紙の経済記事を理解できるレベルの知識が求められます。

受験対象者

金融機関の顧客対応窓口担当者、顧客担当渉外員などが主な対象者となります。金融機関でセールス部門の経験を深めていきたい方にとって有用です。
金融機関への就職をめざす学生の方などにもおすすめです。 また、金融になじみのない方、金融機関職員以外の方や、自らの資産運用や老後ないし生涯の設計を考える方々にとっても有用です。

3.使用テキスト、学習、出題範囲

3.使用テキスト、学習、出題範囲 PDF (790KB)

PBコーディネーターの受験のためには、富裕層ビジネスに必要な基礎的な知識を「あなたもなれる!PBコーディネーター~プライベートバンカー入門 52の心得~」で学習し、金融商品知識や税金の知識は、サブテキスト「金融商品なんでも百科」、「やさしい税金教室」で学習して下さい。そのうえで、サンプル問題で、学習した知識を確認して下さい。

テキスト

メインテキスト

  • PBコーディネーター向け専用テキスト「あなたもなれる!PBコーディネーター~プライベートバンカー入門 52の心得~」(公益社団法人 日本証券アナリスト協会 編)
    • 富裕層のお客様と接する際に必ず押さえておくべきポイントを、科目別に記載しています。
    • 科目は、RM(リレーションシップ・マネジメント)、WM(ウェルスマネジメント)、不動産、税金、信託・ エステートプランニング、マス富裕層、職業倫理の7科目です。

サブテキスト

  • 「金融商品なんでも百科」(金融広報中央委員会)
    • PBコーディネーターのWM(ウェルスマネジメント)科目で金融商品知識等を問う問題は、本テキストと同レベルの問題を中心に出題されます。
  • 「やさしい税金教室」(日本税理士会連合会)
    • PBコーディネーターの税金科目で税金に関する知識等を問う問題は、本テキストと同レベルの問題を中心に出題されます。

学習動画

詳しくは「学習動画」をご覧ください。

サンプル問題

実際の試験問題と同レベルのサンプル問題を当ウェブサイトに掲載しています。

4.試験概要と受験方法

4.試験概要と受験方法 PDF (511KB)

試験概要

試験の形式

コンピュータ試験、解答は3肢択一方式。

試験会場

全都道府県100ヵ所余りの会場で、年末年始、祝祭日等を除き、ほぼ毎日試験を実施。

受験資格

誰でも受験できます。

試験時間と問題数

総合試験120分、問題総数130問。

合格条件と資格付与

  • 合否判定:1回の試験で合否判定。
    • 2015年1月以降、試験結果(合否)をコンピュータ試験会場で即座に確認できるようになります。
  • 資格付与:合格者には資格認定証とIDカードを交付。

受験方法

受験の申込

まず、当協会ホームページからの申込みとなります。そのうえで、試験会場を予約することになります。

受験料(税込)

7,000円

受験料割引

  • 割引対象
    • ①当協会の検定会員(CMA)、一般会員、個人賛助会員、検定会員補(CCMA)、 ②法人会員・法人賛助会員の役職員。
  • 割引率
    • それぞれに該当すればコンピュータ試験受験料を1割引。①、②の双方に該当すればコンピュータ試験受験料を2割引。

5.職業倫理の重要性

5.職業倫理の重要性 PDF (160KB)

6.終わりに

6.終わりに PDF (168KB)

※クリックするとスタディ・ガイドP14『テキスト「あなたもなれる!PBコーディネーター~プライベートバンカー入門 52の心得~」の学習ポイント』が開きます。

  • facebook
  • twitter
  • YouTube
検索キーワード:
© 2015 The Securities Analysts Association of Japan.