教育機関の方へ

大学、大学院との連携

CMA、プライベートバンカー資格で連携

CMA、プライベートバンカー資格で連携CMA、プライベートバンカー資格で連携CMA、プライベートバンカー資格で連携

当協会では、教育事業の一環として、各大学・大学院と連携し、単位認定講座の提供、協会負担による講師派遣などの取り組みを行っています。

また、プライベート・バンカー資格においては、大学院・ビジネススクールと連携し、資格試験の一部を免除する制度を設けています。

こうした取り組みを通じて、証券投資や金融知識の普及・啓発、将来の金融・資本市場のプロの育成に努めています。

寄附講座とは

寄附講座とは寄附講座とは寄附講座とは

社会・経済、とりわけ金融資本市場の変化は激しく、講義内容もそれに合わせて柔軟に見直していく必要があります。

当協会のCMA(検定会員)は、実務や継続学習制度等を通じ、常に最新のスキルを身に付けることが求められています。当協会が提供する寄附講座は、こうしたCMAの方々のボランティア精神(社会貢献使命)に支えられ、運営しております。

POINT 1
CMA(検定会員)が無料で講師を務めます

様々なバックボーンを有し、理論のみならず実務に精通したCMAが講師を務めますので、実践的な講義が可能です。

POINT 2
費用は協会が負担

公益事業の一環として、講師謝礼、交通費は協会が負担します。

POINT 3
柔軟なカリキュラム設定

単位認定科目としてのカリキュラム設定(例えば半期15日の講義等)のほか、スポット的な短期セミナー、基礎講座修了証やCMA資格取得を目指したカリキュラムなど、ニーズに応じた組み立てが可能です。

寄附講座の具体的な取り組み事例

寄附講座の具体的な取り組み事例寄附講座の具体的な取り組み事例寄附講座の具体的な取り組み事例

各大学では、それぞれ工夫を凝らしながら「寄附講座」を運営し、中にはCMA資格取得をサポートし、1次、2次合格者を輩出するなど、成果を上げています。

プライベートバンカー資格試験で提携

プライベートバンカー資格試験で提携プライベートバンカー資格試験で提携プライベートバンカー資格試験で提携

プライベートバンカー資格試験について、大学院・ビジネススクールと提携し、資格試験の一部を免除する制度を設けています。

学生への優遇措置

学生への優遇措置学生への優遇措置学生への優遇措置

学生の皆さんは、基礎講座が割引価格で受講できます。

また、法人賛助会員として入会頂いている大学の学生の方は、CMA等受講料・教材の割引、セミナーへの無料参加等の優遇措置が受けられます。

このほか、在学中にCMA2次試験に合格された方には、実務要件を満たすまでの間、CCMAの登録料・登録継続費の免除制度もあります(25歳到達まで)。

Get ADOBE READER

※PDFファイルをご利用いただくには、Adobe社 Acrobat Reader(無償)が必要です。最新のバージョンをお持ちでない方は左のバナーをクリックしてダウンロード後、インストールを行ってください。

証券アナリスト資格
プライベートバンカー資格
専門性を高める
金融・資本市場への情報発信
協会について

当協会はASIF(アジア証券・投資アナリスト連合会)、ACIIA®(国際公認投資アナリスト協会)のメンバーです。

ページ先頭へ戻る

© 2015 The Securities Analysts Association of Japan.